にくばなれ
肉離れ:筋肉の部分的または完全断裂の俗称。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデイ
時は2月14日。世間では夢見る女の子がお菓子メーカーの戦略に踊らされたり、モテない男の子が普段仲良くしている女の子もいないくせに妙に期待しちゃったりして挙動不審になっている日ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


とにかく俺には関係の無い日だったのですが、なんだか今日は木村ニートの様子がおかしい。明らかに落ち着きが足りてないのです。

俺 「諦めろって。」
木村「…ギンコさん、後で俺の家に来て欲しいんだ。」
俺 「別に良いけど…」

なんてやり取りをして奴と別れ、日が暮れかかった頃に奴の家に行ってみると、目の前には不思議な光景が広がっていたのです。

1.jpg


木村「フハハハハハ!!遅かったではないかギンコォォォォォ!!!!」

家の前に独りの変態が仁王立ちして待っていた。外は寒いというのに。

拡大図
2.jpg


俺 「とりあえず寒いから用件を手短に言ってくれ。」
木村「俺は神になる。否!神になったのだ!!」

3.jpg


木村「コホォォォォォオオオオ!!!!」

俺 「…まぁ障害の乗り越え方は人それぞれだからねぇ。」
木村「人ではない。俺は神だ、神になったのだ!!!」
俺 「で、これからどうするん?」
木村「これから神通力を鍛えるために旅に出る、自転車で!」

奴はそう言い放つと車庫の奥深くに封印されていた自転車を引っ張り出してきた。

4.jpg


俺 「道路とか凍ってるから気ぃ付けてな。」
木村「神の前にはそのようなこと関係ないわぁああ!ふはははは!!」

奴はそうして自転車にまたがりペダルを漕ぎ出した。それから4秒後。




5.jpg


木村「ブルァァァァァァァァアアアアアアアアア!!!!」

6.jpg


木村「ブルァァァァアアアアア!!」
木村「ブルァア………」
俺 「随分と楽しそうだな。」
木村「ギンコさん…チョコが…チヨコレイトが食べたいよ…」

そう言った奴の目には涙が浮かんでいた。さすがの俺も鬼ではない。俺はポケットからチョコレートを取り出した。

俺 「寂しかったんだな…さぁ、これをお食べ。」
木村「あ、ありがとうギンコさん。俺今までギンコさんは冷血で人情の欠片も  無い人だと勘違いしてたよ。」
俺 「ははは。酷い言われようだな。」(さわやかな笑顔で)
木村「さっそくいただくよ。モグモグ………ひでぶっ!」
俺 「ニヤリ。」
木村「こっこれは去年の残りのキムチチョコ…げふっ。」

信用しきったところで一気に絶望のどん底へ叩き落とすこの瞬間。ものっそい鳥肌がたちました。







ちなみにこの数時間後に届いた電波

今日自転車で転んだ際に足を痛めました。しばらくは激しい運動ができそうもありません。

7.jpg


スポンサーサイト
リモコン
テレビのリモコンとDVDプレーヤーのリモコンとMDコンポのリモコンが見つからない…


思えばこの2ヶ月半様々なことがありました。

北朝鮮がミサイル撃ってきたり…
木村ニートが死んだり…
夏風邪を引いたり…
タンスの角に足の小指をぶつけたり…
天皇家に子供生まれたり…

まぁいろいろあったような気がしますが、一番嬉しいことはこのにくばなれが一周年を迎えたってことですかね。

2ヶ月前にですけどね。あはh




堕落
人は誰でも義務を背負って生きている。しかし誰でも時には休みたくなるときもあるだろう。やらなければいけないことをやらないこと…人、それを【サボり】という!

天よ地よ、火よ水よ!我にネタを与えたまえぇぇぇ!!!


復帰

フフフフ…ハハハハハ!どんな夜にも終わりは来る。闇が溶け、朝が世界に満ちるもの…人、それを【黎明(れいめい)】という!

貴様らに名乗る名前は無いッ!



プロフィール

ギンコ

  • Author:ギンコ
  • 友人がね、肉離れを起こしたんすよ。そこでふと思ったんすよ。「そうだ、ブログを書こう。」って。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。