にくばなれ
肉離れ:筋肉の部分的または完全断裂の俗称。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビ
さかのぼること数十時間。俺は凄い出来事に…いや、凄いモノを発見してしまった。

それはGWに入ってすぐのことであった。俺はせっかくの休みなのだから休みにしかできないことをしようと思い、本屋に出かけた。古本を扱っている店だ。その店にはこんな張り紙がしてあった。

「GW期間中セットコミック半額!」






リミッター解除ォォ!!

気がつくと50冊ほど本を抱えてレジに向かっていた。そしてゲーム機本体を買っても貰えないであろうほどの大きな紙袋を受け取り、俺はその店を去り帰路に着いた。

帰っている途中俺はあることに気付いた。桜が満開だ。何故来るときには気がつかなかったのだろう、などとは全く考えず俺は紙袋を抱え桜を見ながら自転車を漕いでいた。

やっぱり桜が咲いていると気付くと、急に春になった気がするな。

俺は前よりもむしろ横の桜の花ばかりを見つけた。うん、やはり素晴らしい。だが、それが全ての間違いだった。あの時きちんと前を見て自転車を運転していたら、あんなものには気がつかなかっただろう。

横を見ながら自転車を漕いでいるとなんだか草むらに黒い塊が見えた。最初は少し距離があったのでよくわからなかったが。近づいてみて気がついた。

あれ?あそこの草むらに倒れている黒いものは…もしかして人か?

行き倒れか、はたまた花見で酔いつぶれたただの酔っ払いか。そのとき俺の野次馬魂が爆発してしまった。そう、「近くで見てみたい。」そう思ってしまったのだ。

不用意に近づいて絡まれたら嫌だなと思い、とりあえず影から石を投げてみる。当たりはしなかったが近くに落ちた。だが反応が無い。寝ているのか。とりあえず更に近づいて見下ろしてみた結果様々な不審な点に気がついた。

20060507042340.jpg


20060507042728.jpg


服装から見ると女性らしかった。なんだかメイド服にも見えなくも無い。顔を見ようにもうつぶせになっていたし、髪型で判断しようにもキティーちゃんの被り物をしていて判別不能だった。そしてなぜか彼女は裸足であった。恐怖の館から命からがら逃げてきたメイドなのか、などと考えてしまったがそんなものが現実にあるわけもない。ただの痛い人か。なら遠慮はいらないな、と勝手に自分会議が可決した俺はとりあえず全力で蹴りをお見舞いしてみた。…返事が無い。屍のようだ。紙袋を後頭部ぶつけてみるが結果は同じ。多少蠢いていた気もするが、気のせいであろう。

これなら大丈夫と確認した俺はとりあえず顔を拝見してみることにした。どうしても気になったのだ。そして仰向けにしてみて、俺はようやく気がついた。

これは…女じゃない。男だ。






ていうかこれ木村ニートじゃん!!木村ニートは確かに冬に3人とも死んで雪に埋もれていたはずなのに、なぜ今更出てくるのだ。ダメだ理解できない。俺はこのメイド服のようなものを着た木村ニートに問い掛けた。

俺「おい、なんでこんな服を着ているんだ!それ以前になぜ生きているんだ!」
木「……………」

あくまで無視を決め込むつもりらしい。こうなったら強行手段だ。服を脱がせて全裸にして路上に放置してしまえば、動かざるを得まい。そう思った俺はとにかく木村ニートの服を脱がせてみた。そして気がついた。奴の体に刻まれた文字に。

20060507043937.jpg


腹活

俺「…………腹活ってなんじゃい。」
木「……………」

ダメだ、やっぱり理解できない。腹活とはいったい何なのだ。現世に蘇ったことへのメッセージなのか。6秒ほど悩んだ結果、結論はこれしかないと思い立った俺は奴にまた問い詰めてみた。

俺「お前、復活と書こうとして間違っただろ。」
木「……………」

相変わらず無言ではあったが筋肉が反応したということは図星だったということだろう。そして更に脱がせるためにうつぶせに戻したとき、また気が付いた。背中にもメッセージがかかれていたのだ。

20060507044645.jpg


冥土

これはあれか。土から蘇ったということとメイドの格好をしているということをかけたのか、そうなのか。なんだか無性に腹が立った俺は奴の口に大量のつくしを詰め込んでやった。涙を流している。そんなに喜んでくれたのか。

残すはついにパンツ一枚となり(というかメイド服とパンツしか着けていなかった)俺はその最後の砦に手をかけた。せめてもの情けだ、一瞬でケリをつけてやろうと思いパンツを持つ手に力をかける。…しかし、下に落ちない。見ると木村ニートが必死に抵抗していた。最後の砦だけは守り抜きたかったらしい。耳に雑草を詰めても耐えていたのに、人間崩れるときは脆いなと思い知った瞬間であった。

こうしてなんとか現世に蘇った木村ニートは日に日にやせほそっている気もしますが、野山を駆け回ったり光合成したりしています。本人は後遺症が、とかスボラが、とか足がむっちゃかゆいなどと言っていますが元気です。言語中枢は少しパーになってますが。

みなさんも倒れてる人に声をかけるときは注意しましょう。見知らぬ人だったらまだしも、昔死んだはずのニートだったりしたら大変なことになりますヨ☆
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

初めましてです。ハルカちゃんに紹介されてきました。
あたしの作ったメイド服がこれ程までに素敵に使われていた事実に、もう激しく感動してしまいました。正しくGJ!!です。
これからもいっぱい頑張って下さい。
それではお邪魔しましたー。
【2006/05/12 21:03】 URL | 椎名さかな #- [ 編集]


やっぱりあのメイド服は例のアレだったんですね。
道理で見覚えがあると思いました。
というか。
サイズ的に某氏とあまり変わりないような……!
もしご所望であれば、白ソックスと革靴なら貸し出せます。
【2006/05/13 18:26】 URL | 走馬真人 #- [ 編集]


これからも全力疾走で行きますよ。

時には貴方方の手を借りることになるかもしれませんがその時はまたよろしくお願いします。
【2006/05/17 06:00】 URL | ギンコ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nikubanare.blog17.fc2.com/tb.php/96-a5fe1aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ギンコ

  • Author:ギンコ
  • 友人がね、肉離れを起こしたんすよ。そこでふと思ったんすよ。「そうだ、ブログを書こう。」って。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。